2011.10.09 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | - |

2006.03.17 Friday

緊急非常警報!

職場でケータイのメール着信音が鳴ってしまったー!!


川*’ー’)<メールだよメールだよメールだよメールだよメールだよメールだよメールだよ(以下リフレイン)


うわぁぁぁっ!
あ、愛ちゃん静かにっ! だめだって!

隣りにいた人に、「すごい早口…(苦笑)」って言われたよ。。
最悪の事態には至らなかったとはいえ、
職場でいわゆる“ヲタばれ”していない自分にとっては、大ハプニング!

顔まっ赤。。

……

あぁ、でもやっぱ僕には愛ちゃんしかいないや。。

僕には帰る場所がある。こんなにうれしいことはない。(似非アムロ)

diary | comments(0) | - |

2006.02.25 Saturday

愛ちゃんサイン本!

やっと届いたよ〜っ。
もう、ずっと待ってた!

だってあまりにも遅いから、昨日ワニブックスさんに電話しちゃったんだ。
そこで明確な回答もらっちゃったから、今日届くまで、ずっとどきどき、わくわく。

从*・ 。.・) <わくわく♪

川*’ー’)ノ <待ってての〜☆

って、楽しみー。

で、到着したのが、ちょうど手紙を書き終わったとこ。

うわーっ、本物来たー!

感動

なんか、思ってたよりでっかいんですけど!?
すごい。それにちゃんと名前入ってるー! …感無量。
愛ちゃん、ありがとー!
家宝にします。

これから、娘。ツアー初日の座間コン(夜だけ参加)なんだけど、
まるでピクニックに行くような気分やよ。



夜コン終了。
愛ちゃん、“でこ出し”やった!

diary | comments(0) | - |

2006.02.23 Thursday

愛あやや IT'S ALL RIGHT!

↑たぶん、いままでいちーばーん、センスのないタイトル。

ラジオ番組の「知ってる?24時。」と「松浦亜弥のオールナイトニッポン」に、
よっすぃ〜と愛ちゃんがゲスト出演。
とりあえず、愛ちゃん&あややっていう、同世代かつ地方出身者同士
っていう組み合わせに、注目度大。

で、案の定、微妙というか絶妙な空気ができてた。

从‘ 。‘ 从 <もう愛ちゃ〜ん!

川; ’ー’)<あ、はい。。

みたいな。(うまく言い表せない・苦笑)

あぁ、また聴きたい聴きたいっ。

(細かい感想とかは、また書き足すかも…)

diary | comments(0) | - |

2006.02.19 Sunday

静かな休日。

土日は、カラオケにも中野のうなぎ屋にも行かず、家でごろごろ、読書や動画整理。
そして映画を2本観に行った。

ひとつめの映画は、『ウォーク・ザ・ライン 〜君につづく道〜』。
アメリカのカントリーミュージシャン“ジョニー・キャッシュ”が主人公の物語で、
幼き日の貧しい生活、青年時代のバンド活動から、
やがて最愛の人と結ばれるまでの半生を描いた作品。

「君のために、俺はまっすぐ生きるよ。(I walk the line.)」

野太くて、かっこいい生き様。
憧れの女性(歌手)をそこまで追い続けて、ってね。
そんな伝説的な人、身近なところから出やしやいかぁ(苦笑)。



ふたつめは、『博士の愛した数式』。
ほっこりと心があたたまる、いい映画。
切ないながらも、清らかでたしかなメッセージがいくつも織り込まれている。
“数式”と聞くと単に無機質なイメージがあるが、それが表す真実性、不変性は、
時間によっても何ら褪せることのない永遠のきらめきを持っているよう。
作中に流れる、厳かでありつつも穏やかな空気に、月並みだが癒された。

「心で見れば、時間は流れない」

「勇気をもって、君のかしこい瞳を見開きなさい」

こういうふうに、“静めてくれる”映画というのが、
僕にはたまに必要なのかもしれない。

ちなみに、公式サイトで流れているBGMも、とても素敵。
背景の部屋に漂うノスタルジックな雰囲気もあいまって、心地よさは格別だ。
読書のBGMとしても、これは最適だと思った。

あぁ、なんだか田舎に出かけたくなってきたな…。(具体的には福井)

続きを読む >>
diary | comments(0) | - |

2006.02.13 Monday

青空がいつまでも続くような未来であれ

昨晩、仕事帰りにヤンタンの音源を聴いた。
さんまの父親の話や、ミキティDSの話。いつもとさほど変わらないテンションで。

ただ、愛ちゃんだけが、どうも覇気のない様子だった。
もともとこの番組中では控えめな態度をとっている彼女だけれども、それにしたって今日は声に張りが感じられない。
さんまが話しかけてるのにも反応が鈍く、「…え?」なんて間の抜けた返事を返す始末だ。

理由など、すぐに思い当たる。
…きっと加護ちゃんのことだろう。
ミニモニ。などでもたいへん仲の良かった間柄、謹慎処分にまでなってしまったあの子のことが、心配でしかたがなかったんじゃないだろうか。
ボケ講座のコーナーでも、今日は調子が出ないと、自身でこぼしていた。
かわいそうに。。
それを見て厳しく叱るさんまに、少しは察してやってくれよと、思わずにはいられなかった。(たぶん、気付いてはいたんだろうけど、あえて…だったのかな)

夜。
そのせいだと思う。
夢に愛ちゃんが出てきた。
どこかのバーガー屋?みたいなところで。
相変わらず、シチュエーションは謎ながら。。
カウンター越しに話しかける。

……

加護ちゃんのこと、、心配だよね…?

また戻ってきたら、“あいちゃんず”って、楽しくやれたらいいね。


うつむき、表情に陰のあったその顔に、わずかながら笑みが戻った。

あたたかく迎え入れてあげられるよう、今は強く生きなきゃ、だよ。

続きを読む >>
diary | comments(2) | - |


SPONSORED LINKS