<< 緊急非常警報! | main | スポフェス2006 >>

2011.10.09 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | - |

2006.03.17 Friday

エレガントに美しく

「未来まで 続くなら」「SEXY BOY」の歌披露で愛ちゃんを見ていて感じるのは、
ほんとに(見違えるほどに)色っぽくなったなぁってこと。
…“なった”ってのは適切な言い方じゃないのかな。
そういう表現の術を身につけた、って感じなのかもしれない。

ソロパートの「未来まで 続くなら」のところで、
はじめ伏せ目がちなのから、すっと目線を上げていく表情のつけかた。
あれなんてまるで、
映画『コヨーテ・アグリー』に出てくる女性バーテンダーのようなセクシーさだ。
柔らかい腰つきや、手の運びだけじゃなく、そういったところも意識してる。

もはやアイドルの顔じゃなくって、“女優の顔”。
そう思えてならない。

今年のお正月に母親とN.Yへ行ってきたらしいけれど、そこで一皮むけたのかな。
以前から、宝塚の舞台を見ていろいろと勉強してるようだったし、
本場のブロードウェーのミュージカルを見て得てきたものも、相当大きかったはず。

そういえば、昨年の今頃に発売された本、「モーニング娘。×つんく♂2」では、
“好奇心のカタマリ”“吸収していくのが楽しくてたまらない”と書かれていた。
それをいまでも、しっかりカタチにして出してる。

すごいな…。なんでいつもそう、フレッシュなんだろう。まるで底が知れない。
いままでだって十分すぎるくらい、魅力を放っていたのに、
それよりもさらにっていうんだから、見ているこっちも気が気でないよ。
どこまですごくなっちゃうの、愛ちゃん…? って。

あ〜もう、素敵すぎるんだっ。
だから、このごろの僕は、彼女を手放しで称えたい気分でいっぱいなのだ。

春ツアーの「パープルウィンド」の間奏ダンスがすごかったり、
「50 Vol.4」のイメージクリップ「春の歌」で目眩がするほど可愛かったりするのも、
ぜんぶぜんぶ、僕にとっての理想なんてとっくに超えてる…。

ってか、この人のファンでいて、ほんと良かった!!
(なんか終わっちゃいそうな書き方だけど、ぜんぜんそんな意味じゃなく…(^^;)

これからの活躍も、いっそう楽しみでならないよ。

diary | comments(0) | - |

2011.10.09 Sunday

スポンサーサイト


- | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする










SPONSORED LINKS